「ハーバード大」論破の「服役囚」チームに喝采

国際週刊新潮 2015年10月22日号掲載

「良く学ぶ者は貴人となり、無学なる者は下人となる」とまで言ったのは福沢諭吉だが、その福沢が「討論」と訳語を当てたのがディベート――論理で戦うその競技版の大会で、今年全米を制し、昨年の世界大会覇者でもあった名門ハーバード大学。その盤石の王者が、ニューヨーク州の服役囚チームに敗れた、と10月7日、全米のメディアが一斉に報じた。

「ハーバードと言えば、世界トップクラスの頭脳を擁する大学。それが囚人、しかも殺人犯を含む最重度警備施設に収容されている服役囚たちに敗れたのです。

...

記事全文を読む