ミシュラン調査員は30~40代の貧相な若造だった ミシュラン調査員撃退記

食・暮らし新潮45 2015年10月号掲載

 猫も杓子も「クチコミ」「点数」「星」「いいね!」の時代である。いち飲食店が流行るも流行らないも、どこの馬の骨ともわからないど素人の偏った意見に左右されるなんて、飲食業界にとっては嫌な時代である。そんななか京都の老舗、板前割烹「浜作」の三代目本店主人森川裕之氏による「祇園『浜作』ミシュラン調査員撃退記」と題された記事が「新潮45 10月号」に掲載されている。同記事で森川氏は歪んだグルメガイドを持ちあげる風潮に警鐘を鳴らしている(以下《 》内は引用)。

■グルメサイト・ガイドブックで流れが変わった

...

記事全文を読む