大臣の生家が激安で貸し切り宿に! ブルートレインに泊まれる! 宿泊したら自慢できる「日本の変な宿」紀行(6)

旅・街歩き週刊新潮 2015年1月1・8日新年特大号掲載

 旅行シーズン到来。“おもてなし”の宿は数あれど、ここに紹介するのは、国内でも唯一無二の体験ができる「変な宿」。泊まった後は、ついつい他人に自慢したくなる。そんな、一癖も二癖もある宿ばかりを、本誌記者が訪ね歩いた。

 妖怪の“出る”宿に恐る恐る泊まった後は、1棟借り切りの贅沢さはそのままに、“出ない”宿にも泊まってみたい。すると、県内に大豪邸を借り切れる宿があるという。江戸時代から続く白壁の街並みが保存されている愛媛県内子町に「文化交流ヴィラ高橋邸」は佇んでいた。

...

記事全文を読む