“富士山噴火”で東京への影響は? 火山学者が解説

国内 社会

  • ブックマーク

高さ3万メートルのマグマ

 現在、御嶽山だけでなく富士山の噴火も懸念されているが、富士山が噴火した場合、東京にまで被害が及ぶ可能性があるという。富士山が噴火したときの影響について、ビートたけしが京都大学大学院教授の火山学者・鎌田浩毅氏に訊いた。

 *** 

たけし:危険だという火砕流は雲仙普賢岳が噴火したときにも出て、大勢の死者を出しましたよね。富士山が噴火した場合、すぐに火砕流が出てくる可能性もあるんですか。

鎌田:順番がありまして、最初に火山ガスが出て、その後マグマがポンポン噴き出して、そのマグマがドーッと噴き上がって、3万メートルとか立ち上がることがあります。...

記事全文を読む