綾瀬はるか 指示されたことができなくて、控え室で悔し泣き

芸能週刊新潮 2014年5月29日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 本屋大賞受賞『村上海賊の娘』の著者、和田竜氏(44)と2013年大河ドラマ「八重の桜」主演の綾瀬はるかさん(29)。『村上海賊の娘』100万部突破を記念し対談が行われた。

 主役の海賊王の娘『景(きょう)』に自分を重ねたと語る綾瀬さん。心を動かされたシーンについて語る。

 ***

綾瀬:『村上海賊の娘』は、出だしは難しくて頭に入らなくて、10回くらい読み直しました。で、もういいやと読み出したらバーッと進んで、結局3回くらいは泣きました。景(きょう)さんは架空の人物ですか?

和田:事実なのは、村上武吉(たけよし)という海賊王に実の娘がいたところまでで、あとはほとんど僕の想像です。

綾瀬:当時だと美しくない顔だというのも?

和田:バタ臭い顔だとモテないという傍証はありますが。でも、当時の女性の気風は主人公の景のように荒っぽいんです。

綾瀬:すごく勇敢でカッコいいです。景の正義感が強いところや一本気なところは、「八重の桜」の八重につながるものもありますね。

和田:僕が描く女性はズルいんです。

綾瀬:そうですか?

和田:自分の欲を人前で出せるのが、女性としてのかわいらしさだと思うんです。綾瀬さんが「ホタルノヒカリ」で演じたホタルも思うがままに干物女をやっている。変に取り繕うと女性としての魅力が失われる。そう思って描いています。

綾瀬:気が強い景が泣いたときとか、私もすごく泣きました。帰郷してお父さんの前でワーッと泣くところ、泣きながら出撃するところ、源爺(げんじい)が死ぬところの3カ所で泣きました。ツンデレってこういうことなんだと思いました。あと、景は意外と乙女ですしね。

和田:そこです。

綾瀬:女性はみな、そういうもんですよね。

和田:景はモテたくて現在の大阪に行く。不純な動機で動いてもらいたかったんです。最初は真面目な感じじゃない人間が戦うからこそ、読者に対して説得力があると思っていて。

綾瀬:景はとても人間っぽい人ですね。「考えが甘い」と言われて挫折するところも、自分が言われている気持ちになって読みました。

和田:綾瀬さんにもそういうときがあったんですか?

綾瀬:指示されたことが全然できなくて、悔しくて控え室で泣くことはよくありました。母に電話して「おいしいもん食べて忘れんさい」と言われていました。

デイリー新潮編集部

※「本屋大賞『村上海賊の娘』100万部突破記念 『和田竜』×『綾瀬はるか』ローカル対談」より一部抜粋掲載。