綾瀬はるか 勇敢な人に惚れる男目線に共感

芸能週刊新潮 2014年5月29日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 本屋大賞受賞『村上海賊の娘』の著者、和田竜氏(44)と2013年大河ドラマ「八重の桜」主演の綾瀬はるかさん(29)。『村上海賊の娘』100万部突破を記念した対談で語った、登場人物のイメージとは。

 ***

和田:男性の登場人物はどうだったですか。

綾瀬:景のほうが印象に残っていますね。男女を超えて勇敢なところに最後、男の人が惚れ直すじゃないですか。そういう女性はやっぱりわかるな、と男目線でも読みました。自分が男でもそうだろうな、と。

和田:女性と一緒に仕事をしたりして美しい行動や決断を見て、急に評価が変わって恋に落ちちゃうことってあると思うんです。それが児玉就英(なりひで)というキャラクターですね。

綾瀬:弟の景親(かげちか)が立ち向かうところも泣きました。あと、お父さんもユーモアがある人ですね。

和田:お父さんの村上武吉は非常に有能な人として知られていました。有能で切れ者の人物は、それとは逆の子供っぽいところを必ず持っている。娘に対してだけはたがが外れて、愛情があふれ出すような人物として描いていますね。

綾瀬:戦い方ひとつひとつも自分の中で、絵みたいに想像して読めました。登場人物もイメージしやすくて、 もうひとりの姫、琴姫(ことひめ)の肌の質感まで想像しちゃいました。もちっとした感じ、もにょっとして。

デイリー新潮編集部

※「本屋大賞『村上海賊の娘』100万部突破記念 『和田竜』×『綾瀬はるか』ローカル対談」より一部抜粋掲載。