【袴田事件再審】検察側証人・九大名誉教授が“仰天発言” 巖さんの姉は「苦し紛れに聞こえました」

  • ブックマーク

「袴田事件」の静岡地裁(國井恒志裁判長)での再審では、3月25日から3日間にわたり検察と弁護団の双方が依頼した法医学者ら鑑定人に対する証人尋問が行われた。1966年に静岡県清水市(現・静岡市清水区)で味噌製造会社の専務一家4人が殺された強盗殺人事件で死刑を宣告された袴田巖さん(88)と姉・ひで子さん(91)の戦いを追う「袴田事件と世界一の姉」の41回目。【粟野仁雄/ジャーナリスト】...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。