「マグロ人気」復活のカギを握る、トロでも赤身でもない「意外な部位」…“厄介者”に秘められた「最強物質」が万病の元を撃退

ライフ

  • ブックマーク

 刺し身なら、ワサビ醤油よりも塩入りのゴマ油。エスカルゴソースのステーキや串カツ、シチュー、シューマイなんかもおいしいんです――。最近、全国でも有数のマグロ産地、神奈川県「三崎港」(三浦市)周辺で、少し意外なマグロ料理の開発が進んでいる。マグロとはいっても、トロや赤身、カマ肉でもなく、これまでは捨てられることさえあったマグロの「血合い」を使った料理である。【川本大吾/時事通信社水産部長】...

記事全文を読む

Advertisement