「いきなり!ステーキ」を手放した一瀬邦夫氏(81)が両国に和牛ステーキ店を開店 本人が自ら厨房に立つ理由

ビジネス 企業・業界

  • ブックマーク

 前編【「いきなり!ステーキ」を創業者・一瀬邦夫氏(81)が語る 「急に店が増えすぎて管理者も不在。僕のミスリードだった」】からの続き。

 小さなキッチンの経営者から「ペッパーランチ」チェーンを成功させ、2013年に「いきなり!ステーキ」の1号店をオープン。6年後には全国500店舗にまで拡大したペッパーフードサービスの創業者・一瀬邦夫氏(81)は2つの人気チェーンを持つまでになったが、そこには過剰出店という落とし穴が待っていた。結局、22年8月、一瀬氏はペッパーフードサービスを去ったものの、昨年11月に「和牛ステーキ和邦」をオープン。...

記事全文を読む

Advertisement