渦巻く嫉妬で「源氏物語」よりドロドロ… 「光る君へ」を最高に楽しむ鑑賞法を伝授

エンタメ

  • ブックマーク

 平安の貴族社会が舞台となるのは初だとか。今年のNHK大河ドラマ「光る君へ」は世界的古典「源氏物語」の作者・紫式部が主人公だ。人気古典エッセイスト・大塚ひかり氏が、現代と異なる身分と階級が元になった人間関係を鍵に、目からウロコの鑑賞法を伝授する。

 ***...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。