東スポが「餃子」「からあげ」「ポテチ」を売る新聞社に…57歳「新社長」に聞く、読者を元気にさせるビジネスの秘訣

ビジネス 企業・業界

  • ブックマーク

 かつて奇抜な見出しの一面で世の話題をさらい部数を伸ばした「東京スポーツ」(以下、東スポ)。2024年4月で創刊64年を迎える東京スポーツ新聞社が、とにかく元気だという。もっとも、新聞の売上は年を追うごとに減少している。日本新聞協会の調査によると、一般紙とスポーツ紙を合わせた新聞の総発行部数は、2000年に5370万8831部あったが、22年には3084万6631万部と約2300万部も減っている。特に駅の売店やコンビニでの販売が主体のスポーツ紙や夕刊紙は、スマートフォンの普及の影響をもろに受けている。...

記事全文を読む

Advertisement