「そこじゃないよ岸田」 派閥トップを退任してもまったく支持されない政権の命運

国内 政治

  • ブックマーク

特捜部の捜査への危機感

 岸田文雄首相は12月7日、自身が岸田派を離脱して派閥会長を退くことを表明。永田町内のみならず「そこじゃないよ」「遅きに失した」との受け止めが強く、「今さら感」が漂う。増税メガネという不名誉なニックネームに続くのは「そこじゃないよ岸田」あたりか……。その後、安倍派「5人衆」らの裏金疑惑が報じられ、内閣改造や党幹部人事の断行は必至の情勢だ。この政権に明日はあるのかという声も改めて聞こえてきた中で、永田町内の動向をレポートする。...

記事全文を読む

Advertisement