「暇空茜」にNHKの取材メモを流出させた犯人は子会社の30代派遣「テロップ係」だった 「年間100人くらい辞める、終わっている会社なので」

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

 専用端末にアクセスしたら足がつくとは思わなかったのか。この数日SNSを騒がせてきたNHKの取材メモ流出騒動の犯人が判明した。NHKは12月1日、記者会見を開き、流出させた人物はNHKの子会社が契約している派遣スタッフだったと発表した。職員たちは「馬鹿すぎて話にならない」と呆れ返っている。

 ***

「暇空茜」氏にタレ込まれた19枚の取材資料

「いつ誰がどのページを開いたかログが残っているはずですからね。システム部門が調べたらすぐにバレるだろうと、同僚たちと言い合っていましたが、やはり一瞬でしたね」
 
 こう語るのはNHKの若手記者である。

 騒ぎが起きたのは11月28日夜。若年女性支援団体「Colabo」(コラボ)の不正経理問題を追及してきたことで知られる、インフルエンサーの「暇空茜」氏がXに“爆弾投稿”を投下した。

〈12月1日18時からNHKで放送予定で都庁クラブのNHK記者「A」(実際は実名)がB(暇空氏とかつて親しかったが現在は対立している人物)にインタビューしたこちらの記事が放送されるかもしれないというタレコミがありました。真贋不明です〉

 暇空氏は送られてきた19枚の文書もギガファイル便で添付。1枚は社内で「提案票」と呼ばれる企画書で、タイトルに〈なぜネット上で誹謗中傷を行うのか〜加害者に迫る〜〉、「放送希望」として「12月1日『首都圏ネットワーク』で5分程度」とあった。残りの18枚は、実際に記者がB氏を取材した際の一問一答をまとめた文字起こしである。

B氏の苗字や現在の職業も記載されていた

「B氏は6月くらいまで暇空氏のシンパとして、Xの“裏アカ”でコラボ代表の仁藤夢乃氏を徹底して叩いてきた人物。実際は男性ですが女性を騙ってXで投稿していたので、“暇アノンの姫”と呼ばれていた。暇空氏と決裂したことを契機に“目が覚めた”とコラボ側に謝罪。コラボ側は和解条件として、指定したライターの取材を受けることを突きつけた。以降、B氏はメディアの取材も積極的に受け、コラボを誹謗中傷してきたことを懺悔してきた」(ネットウォッチャー)

 つまり流出させた犯人は、取材対象者の敵に放送前の取材内容を暴露したのである。報道倫理に照らして問題であることは言うまでもない。TBSがのちにオウム真理教に一家ともども殺害されることになる坂本堤弁護士に取材した内容を、放送前にオウム側に見せた不祥事と構図は全く同じだ。

「匿名の取材だったのに、取材メモにはB氏の苗字や現在の職業も記載されていた。個人情報の流出という観点でも大問題です」(前出・若手記者)

次ページ:印刷した日時・時刻をマスキング

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]