【日大アメフト部違法薬物事件】元凶は“保体審(ホタイシン)” OBは「半世紀以上前から問題視されていた。解散しかない」

国内 社会

  • ブックマーク

治外法権の伏魔殿

 日本大学は9月1日、部員の違法薬物事件が起きたアメリカンフットボール部を同日から再度の無期限活動停止にしたとホームページで発表した。また、8月31日付で学生寮も閉鎖している。同事件をうけて日大は8月5日にアメフト部を無期限活動停止にしていたが、「個人の犯罪」と判断、10日に処分を解除していた。しかし、その後に学生寮が2度目の家宅捜索を受け、複数の部員が任意聴取されている。事件はどこまで広がりを見せるのだろうか。

 ***...

記事全文を読む

Advertisement