機動隊を相手に「クルド人100人」大乱闘事件の“真相” 埼玉県川口市に2000人のクルド人が住み着いたワケ

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

 クルド人100人が機動隊員らを相手に大立ち回りを演じるという、前代未聞の「乱闘」事件が勃発した。クルド人同士によるトラブルが発端になったとされるが、すでに殺人未遂容疑で5人のクルド人が逮捕。捜査はいまも継続中で今後、逮捕者が増える可能性もあるという。事件の背景に何があったのか――。

 ***

 7月4日、午後8時半頃。埼玉県川口市安行原の県道で1台の車が別の車に車体をぶつけるようにして急停車。直後に車から降りてきた複数の男らによる怒声が周囲に響き渡ったという。近隣住民の話だ。

「一方の車から若い男性が降りると、別の車に乗っていたグループがその男性を小突いたり、叩き始めたりしたように見えました。怒鳴り声や罵声のようなものも大きくなり、そのうち仲間と見られる外国人風の男らがゾロゾロと集まってきて、10分程度で数十人単位の集団に膨れ上がりました」

 住民からの通報でパトカーも駆け付け、現場はさらに騒然とした雰囲気に包まれたという。

「少しすると、外国人の集団は車や徒歩で移動を始めたのですが、それを追うようにパトカーもついて行った。あとで分かったことですが、最初に揉めていた男たちがケガをしたようで、彼らを運ぶために近くの病院へ向かったそうです。後日、報道などで“クルド人同士による乱闘だった”と知り、まるでギャングの抗争を見た思いで恐怖を感じました」(同)

機動隊の出動

 同日の夜9時過ぎ、今度は現場から4キロ近く離れた川口市内の総合病院「川口市立医療センター」周辺が喧騒に包まれ始める。住民の一人が当時の様子をこう振り返った。

「パトカーのサイレンが徐々にうるさくなり、“前の車、止まりなさい”との警察車両からのアナウンスも聞こえてきました。驚いて外に出ると、病院の救急用の入り口に車が何台も押し寄せ、取り囲むようにパトカーも10台以上集まってきた。怒声のようなものがアチコチで聞こえ始めましたが、外国語のようで聞き取れませんでした。それでも時折、女性の“(病院内に)入れて!”といった叫び声や“親類が刺された”といった男性の悲鳴を耳にしました」

 医療センター関係者によると、この騒動で「4日の23時30分から翌5時頃まで、救急搬送の受け入れをストップ」せざるを得ない事態に追い込まれたという。

 地元メディア関係者が続ける。

「病院へと詰めかけた大半はトルコ国籍のクルド人と見られ、その数は約100人に達しました。警察官だけでは騒動をおさめることができず、機動隊まで駆け付ける騒ぎへと発展。クルド人のなかには警官の制止を振り切って救急外来の扉を開けようとした者などもいて、一部が暴行や公務執行妨害で現行犯逮捕されました」

次ページ:容疑者の妻を直撃

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]