小田急線刺傷事件裁判 対馬被告が語った「パン工場夜勤」「コンビニバイト」の困苦 「周りは何不自由なく暮らしているのに僕だけが不幸」

国内 社会

  • ブックマーク

 映画「ジョーカー」の主人公のように社会への恨みを募らせていたのか――。6月29日、2021年に走行中の小田急線車内で3人の乗客が刺傷された事件で、殺人未遂などの罪に問われている対馬悠介被告(37)の裁判員裁判第3回公判が東京地裁で開かれた。この日、弁護側の被告人質問に立った対馬被告は、初めて公の場で事件を振り返った。事件の背景には抜け出せなかった貧困があった。

 ***...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。