NHK元ディレクターが「ニュースウォッチ9」“捏造報道”を検証 “取材の素人”が企画、番組責任者は「栄転」していた

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の審議入りが決まったNHKの看板ニュース番組「ニュースウォッチ9」の不適切報道はなぜ起きたのか。SNSでNHK問題の告発を続ける元番組ディレクター「暗部ちゃん」が独自取材をもとに検証する。全ての始まりは、取材に不慣れな「編集マン」が出した一本の「企画書」だった――。

 ***

なぜ私が「NHKの暗部」を暴露するのか?

 元NHK職員ジャーナリストの「暗部(あんぶ)」と申します。職員時代はローカルニュースからNHKスペシャルまで、あらゆるジャンルの番組を制作してきましたが、昨年7月に沈みゆくNHKと決別し、現在はフリージャーナリストとして活動しています。

 なぜ私が「NHKの暗部」を暴露するのか? それはNHK内で隠蔽されている 信じがたい不正が無数にあるからです。NHK内には「何でも隠蔽すればいい」という文化があります。私も新人の頃、高校野球の中継で高野連(日本高等学校野球連盟)とトラブルを起こし、直属の上司から「オマエ、その程度のこと揉み消してこいよ! 俺の手を煩わせるな!」と叱責を受けた経験があります。

 今回のニュースウォッチ9問題も同様で、NHKはBPOが審議入りしてもなお真摯な姿勢で原因を検証しないばかりか、番組責任者の責任も問わず、曖昧な形で騒動にフタをしてしようとしているのです。

次ページ:取材に不慣れな“素人”が企画・取材・ロケも担当

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/5ページ]