26歳で最年少当選の芦屋市長 ソックリの名前の「覆面ポスター」戦略に地元で苦情も

国内 政治

  • ブックマーク

Advertisement

“選挙違反じゃないか”との訴えが

 史上最年少の26歳で芦屋市長に当選した高島崚輔氏。エリート街道をまい進した経歴と爽やかなルックスで話題を集めたが、選挙戦では知られざる「もう一つの顔」を見せていた。

 ***

 高島氏は日本屈指の難関校・灘中高から東京大学文科一類に入学するも中退し、米ハーバード大学に進学。在学中にNPO法人の代表理事に就任し若者の留学支援を行っていたが、2019年の休学中に芦屋市役所でインターンシップを3カ月間経験した際、街の魅力や問題点似気付いた。昨年5月に大学を卒業し、満を持して選挙戦に挑んだわけである。

 当選後、各メディアは一様に清廉潔白で頭脳明晰、しがらみのない新市長だと言わんばかりに報じてきた。そうした点に市民が期待したのは言うまでもないが、実は選挙戦で、高島氏が“戦略家”として「もう一つの顔」をのぞかせていたことはほとんど知られていないようだ。

「それこそ一軒家の塀とか喫茶店の入口とか、芦屋のいたるところにポスターが張られていましたよ」

 そう振り返るのは、さる市政関係者だ。

「選挙管理委員会に定められたポスター掲示板は、市内に152カ所あったんですが、それを超える勢いで張ってありましたから、対立陣営の支持者から選管に“選挙違反じゃないか”との訴えが相次ぎました。担当者は“芦屋の市長選では過去に例がなく、違反かどうか分からない。調べます”という反応だったそうです」

隠されたメッセージ

 公職選挙法を熟知しているはずの選管が当惑したのもうなずける。なぜなら、市内に多数張られた高島氏のポスターは、掲示板に張られた選挙用のモノとは大きく異なっていたのだ。

 さる地元市議によれば、

「件のポスターは2種類で、一つは高島氏の弟さんの顔写真と名前がデザインされたもの。もう一つは、高島氏と思しき人物のシルエットとQRコードがデザインされていた。この二つは大概セットで目立つように張られていたね」

 一つめのポスターをよく見ると、〈ワンチーム芦屋 代表 高島しゅうすけ〉という表記があるが、ここに隠されたメッセージがあるという。

「候補者本人の名前は『りょうすけ』で、弟さんは『しゅうすけ』と2文字違い。有権者に『高島』の名前を印象付ける狙いがあったのでは。もう一つのシルエットが描かれたポスターはもっと露骨で、QRコードをスマホで読み取れば、高島氏の公式サイトに誘導される仕組みでした」(同)

次ページ:兵庫県選管に確認すると…

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]