ガーシー逮捕に立ちはだかる障壁とは? 綾野剛は「法廷で堂々と証言する」

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

“登院拒否”でついに参院を除名されてしまったNHK党(現・政治家女子48党)のガーシー議員(51)。除名翌日には警視庁が逮捕状を請求し、国際指名手配までささやかれる事態に。選良から一転、国家権力をも敵に回したガーシー劇場は、ここから新たな展開に突入する。

 男性芸能人に女性をあてがう“アテンダー”から登録者数100万人を超えるユーチューバーに。さらには昨年7月の参院議員選挙で約30万もの票を獲得して参議院議員となった、ガーシーこと東谷義和氏。昨年2月に突如、芸能界の裏話を暴露する動画をアップし始めて以降、たった数カ月のうちに特権階級にまで登り詰めたが、転がり落ちるのも早かった。

 今月15日、当選から一度も国会に出席せず、「議場での陳謝」にも応じなかったことから参院を除名され、議員の資格とともに「不逮捕特権」も喪失。翌16日には警視庁がガーシー氏の逮捕状を請求し“追われる身”となったのだ。

 全国紙記者によれば、

「逮捕状の容疑は、俳優の綾野剛氏ら著名人に対する脅迫や、ジュエリーショップを経営する男性に対する強要、名誉毀損、威力業務妨害など。すでに日本国内の関係先には家宅捜索も行われており、警視庁は再三、ガーシー氏本人にも任意聴取を打診してきた。ところがそれもほごにされ続けたのです」

「ことは簡単に運びそうもない」

 すぐにでもガーシーの身柄を取りたい――。除名翌日の逮捕状請求には捜査当局のそんな思いもにじむが、彼のその時を待ちわびるのは捜査員ばかりではない。

“ガーシー砲”の一番の被害者と目される綾野剛もその一人。綾野の知人によると、

「剛は一貫してガーシーの“暴露”が事実無根だと話し、警察の事情聴取にも協力してきた。ガーシーが逮捕され、刑事裁判が始まった暁には“逃げも隠れもせず堂々と証言する”と覚悟を決めていますよ」

 もっともガーシー氏に悪びれる様子は全くない。16日には、滞在するアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで新たな動画を配信。

〈俺が何した? 芸能人の暴露しただけ〉〈一生帰国しないことを覚悟できました〉

 と、徹底抗戦の構えを見せたのだ。

「警察当局は外務省にガーシー氏への旅券返納命令も要請。命令が出され、ガーシー氏が帰国に応じなければ彼のパスポートは失効することになります。普通はこれにより不法滞在となり、滞在国が強制送還をする流れになるのですが、ことはそう簡単には運びそうもありません」(全国紙記者)

次ページ:UAEのお国柄

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]