《裁判資料入手》 フィリピンの収容所に「1回2000万円」を運び続けた“ルフィの恋人”の素顔

国内 社会

  • ブックマーク

 異国の収容所から“闇バイト”で集めた実行犯らに指示を出し、高齢者から暴力でもって現金や貴金属を強奪――。世間を恐怖に陥れた強盗グループの「主犯格」たちがいよいよ日本に送還される。彼らは囚われの身にもかかわらず、これまで収容先の入管施設内で「王族のような暮らし」を送っていた。それを可能にしたのが“ルフィの恋人”と呼ばれた女性の存在だ。その素顔に迫った。

 ***...

記事全文を読む