「三笘の1ミリ」はどれほどの価値に? 話題沸騰「スポーツNFT」の可能性を「MIXI社長」に聞いたみた

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

 最近、NFTという言葉がしばしばニュースを賑わすようになった。12月の話題で言えば、《「DAZN MOMENTS」で「YOMIURI GIANTS 2022 SEASON」を発売》というニュースがあった。ジャイアンツの公式サイトを見ると、《GIANTS NFT初登場》と見出しを立て、次のように書かれている。

理解できる人とそうでない人

《読売巨人軍は、スポーツ・チャンネル「DAZN」とMIXIが開発・運用を行うスポーツ特化型NFT(Non-Fungible Token/非代替性トークン)のマーケットプレイス「DAZN MOMENTS」で、本日15日午前10時から「DAZN BASEBALL MOMENTS」の開設と共に、第1弾として「YOMIURI GIANTS 2022 SEASON」を販売します。

「DAZN MOMENTS」は、2022年3月のサービス開始以降、「DAZN J.LEAGUE MOMENTS」にて数々の商品を販売し、ユーザーから高い評価を得ています。サッカー以外のスポーツにも波及させるべく、プロ野球にスポットを当てた「DAZN BASEBALL MOMENTS」が開始となりました。》

 これを読んですぐ内容やサービスが理解できる人とそうでない人がいるだろう。60代の私は、理解できない側の人間だ。さらに、用意された商品ラインナップを見ると次のようにある(一部抜粋)。

LEGEND 原辰徳監督 千葉ロッテマリーンズ戦(6月4日) ¥89,000
LEGEND 坂本勇人 中日ドラゴンズ戦(8月25日) ¥89,000
SUPER RARE 中田翔 広島東洋カープ戦(7月17日) ¥29,800
RARE 平内龍太 広島東洋カープ戦(8月12日) ¥10,000
COMMON 喜多隆介 阪神タイガース戦(8月20日) ¥3,000

 何となく、わかって来ただろうか? どうやら、昨シーズンの名場面を購入できるサービスのようだが、なぜこんなに高いのか? 高くてもなぜファンは買うのか? 買うとどんなメリットがあるのか? まだ理解できない。改めてジャイアンツの情報を見ると、次の記載もあった。

手の出ない価格

《「DAZN MOMENTS」で初登場となる「YOMIURI GIANTS 2022 SEASON」は、LEGEND、SUPER RARE、RARE、COMMONと4つのレアリティを設定し、2022年シーズンの選手のプレー場面を静止画のNFTで再現します。》

 つまり、静止画(写真)を買うのだ。以前から、スポーツ新聞社が「胴上げ写真」や「記録を作った瞬間」などの写真をパネルにして読者に販売するサービスはあった。が、「8万9千円」のような、ちょっと手の出ない価格ではなかった。パネルにする実費プラスアルファくらいの価格設定が通常だ。そこにどんな価値があるのか? やはり十分に理解はできない。

 戸惑っていたら、数日後、さらに理解不能なニュースが目に入った。白鵬の引退式に関連する報道だ。

《来年1月28日に東京・両国国技館で開催される大相撲の宮城野親方(元横綱白鵬)の引退相撲事務局は23日、最後の大銀杏にはさみを入れられる500万円の特別体験プログラムを販売すると発表した。23日から来年1月3日まで、3組6人限定で抽選販売する。

 特別プログラムには500万円と100万円のコースがあり、宮城野親方との食事会やVIP専用ラウンジの利用など豪華体験を味わえるという。複製不能なデジタル資産「非代替性トークン(NFT)」を利用した特典も用意されている。〔共同〕》

 高い! 豪華体験セットとはいえ、これほど高額な理由はやはり「NFT」にありそうだ。Abema Newsにはさらに詳しく内容が記されていた。

次ページ:NFTが付随することで…

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]