江川卓、小林繁、新庄剛志…主力だったのに突然引退した“忘れがたき名選手”

スポーツ 野球

  • ブックマーク

「今年で辞めるかもしれない」

 今季も福留孝介(中日)、糸井嘉男(阪神)、能見篤史(オリックス)ら、第一線で長く活躍した選手たちが現役を引退した。前出の選手たちは、いずれもボロボロになるまでプレーを続け、燃え尽きたイメージが強い一方で、過去には、まだチームの主力として十分やっていけるはずなのに、花も実もあるうちにユニホームを脱いだ選手が存在した。【久保田龍雄/ライター】...

記事全文を読む