江川卓「空白の一日」秘話 翻弄された「小林繁」と「藤圭子」

野球週刊新潮 2016年8月23日号別冊「輝ける20世紀」探訪掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 天賦の才に恵まれた怪物「江川卓」は、こと運に関しては天から見放されていた。彼の人生が、プロ野球界に大激震が走ったあの「空白の一日」に向け暗転し始めたのは、昭和52年(1977)9月のことだ。有力政治家の懐刀だった仕掛け人がその舞台裏を明かし、今だからこそ語れる秘話を披露してくれた。

 ***...

記事全文を読む