中国共産党大会で胡錦濤前国家主席が退場のナゾ 習近平も困惑…背景にパーキンソン病、認知症か

国際 中国

  • ブックマーク

 熾烈(しれつ)な権力闘争、その非情さを象徴するかのごとき光景である。かつて中国トップの座に君臨した長老が、公の場から引きずり出された“事件”。理由を巡ってはさまざまな臆測が飛んだが、最も困惑したのは他ならぬ「あの人物」だという。

 ***...

記事全文を読む