千昌夫はバブルで一時、資産2千億円 360億円の離婚訴訟でいくら払ったのか

国内 社会

  • ブックマーク

 いまや国際社会のなかでも“ひとり負け”の感が否めない日本経済だが、わずか30年前には未曾有のバブル景気に列島が沸き立っていた。当時、日本の地価の総額はアメリカ全体の4倍ともいわれ、土地・株・カネが飛び交う狂乱のなか、得体の知れないバブル紳士が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)し、数多のスキャンダルが世の中を賑わせた。令和の世とは何もかもがケタ違いな、バブル期を象徴する人々が関わった“事件”を振り返ってみたい。

 ***

 かつて「歌手活動は重要な経営資源。僕の90%は実業家です」と語った千昌夫(75)は、2千億円もの資産を築いたとされる。前妻との離婚騒動でも、注目が集まったのは彼の財産の行方だった。(本記事は「週刊新潮 別冊〈昭和とバブルの影法師〉2017年8月30日号」に掲載された内容を転載したものです)

 離婚は結婚の何倍ものエネルギーを使うといわれるが、千昌夫の場合、普通の人とは比較できないほどの苦労があったに違いない。

 1986年8月に浮気が発覚した千とジョーン・シェパードの離婚騒動は、争った資産の金額がケタ外れだったからだ。それまで日本の芸能界における財産分与の最高額は、沢田研二から前夫人への18億円(推定)。

 ところが、シェパードは87年6月、米カリフォルニア州の裁判所に360億円の財産分与を求める訴訟を起こしたのである。何ともバブリーな離婚劇に日本人は度胆を抜かれたのだ。

 千の代表曲「星影のワルツ」がヒットしたのは67年秋、NHKの紅白歌合戦に初出場したのは68年だ。

 彼が所属していた第一プロダクションの社長・岸部清氏が振り返る。

「彼が私の事務所に入った頃は、月給3万円だった。でも、「星影のワルツ」が大ヒットして、給料も年俸制に変え、2千万円にまで上げてやったんだ。今も昔もそうだが、芸能人は一気に大スターになって金に余裕ができると、ハワイやなんかに遊びに行くんだな。千もその一人。初めてのハワイで、可愛い白人のお姉ちゃんをナンパしたそうです。しかし、向こうからJapanese, Chinese, I donʼt likeって断られたんだって」

 この体験が、その後の人生に大きな影響を与えたようである。

「彼は岩手の出身で、外国への憧れもあったんだろうけど、それで『何クソ!』って躍起になっちゃってさ。それで外国人の女ばっかり選り好みするようになったんだよ」(同)

 千とシェパードは70年6月に出会った。彼女がニューグレンミラーオーケストラの専属歌手として来日した際、千はテレビ番組で初めて共演。すかさず千は拙(つたな)い英語で彼女をお茶に誘った。持ち前の粘り強さで口説き落とし、72年に入籍。それから二人は、CMで共演するなど、おしどり夫婦として有名になったのだ。

 その一方、千は「不動産王」としても、その名を知られるようになる。70年、仙台市の郊外に4千万円で5万坪の土地を購入したのを皮切りに、次々に不動産を購入。事業家としての活動を活発化させ、バブル絶頂期には、資産2千億円を持つ「歌う不動産屋」と評された。

 ちょうどこの頃始まった離婚騒動は、まさに泥仕合だった。千が広尾の豪邸から出て行くと、ほどなくして、英国人の愛人、アマンダさんの存在と妊娠が発覚したのだ。

次ページ:ウーマンリブの闘士

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]