「ウーバー配達員」が手を染めた「女子高生」連続わいせつ事件 ビニール袋越しにキス、イソジンでうがいを強要の不気味

国内 社会

  • ブックマーク

 女子高校生3名に対する強制わいせつ未遂、強制わいせつ致傷などの罪に問われていた藤野隆太被告(40)に対し、東京地裁立川支部は9月9日、求刑通り懲役8年を言い渡した。過去にも同様の罪で服役したことのある藤野被告は、「女子高生」に凄まじいほどの執着を持っていた。盗撮Gメンのボランティアをしながら“のぞき”行為を繰り返し、ウーバーイーツの配達員として街中を走りつつ、女子高生をつけ狙う。その犯行は執拗かつ異様なものだった。【高橋ユキ/ノンフィクションライター】(前後編の「後編」)...

記事全文を読む