スタンガンで「女子高生」を脅して強制わいせつ 「ウーバー配達員」が法廷で語った異様な執着

国内 社会

  • ブックマーク

 盗撮やわいせつ行為を何度となく繰り返して起訴された“男”の裁判員裁判。その判決公判が9月9日に東京地裁立川支部で開かれ、新井紅亜礼裁判長は求刑通りの懲役8年を言い渡した。公判で男は「同じような犯罪、やらないというより、やるわけない」と高らかに更生を誓う一方で、「女子高生」に対する異様な執着を隠さず、さらに、犯行に至った経緯について「神の思し召し」と語るなど、最後まで危険な側面を露わにしていた。【高橋ユキ/ノンフィクションライター】(前後編の「前編」)

 8月31日の初公判。人定質問に臨んだ被告の男は、証言台の前まで歩くことさえやっとなほどヨロヨロとした足取りを見せ、それ以降は車椅子を使用した。逮捕前にほぼ毎日“自転車を走らせていた”とは思えない弱々しさだった。
 
 その男、藤野隆太被告(40)は「ウーバーイーツ」の配達員をしながら、数々のわいせつ事件に手を染めた。起訴された案件を挙げるだけでも、女子高校生3名に対する強制わいせつや同未遂、児童ポルノ禁止法違反に加え、49回に及ぶスカート内の盗撮という迷惑防止条例違反などの罪に問われていた。重大事件を扱う裁判員裁判の対象となったのは、女子高校生3名のうち1名に対して怪我を負わせ、強制わいせつ致傷でも起訴されたためである。

 冒頭陳述や、「間違いありません」と罪を全て認めた起訴状によれば、藤野被告は2014年にも盗撮事件で執行猶予判決を受けていた。だが、数年後に住居侵入と強制わいせつに及び、執行猶予が取り消されて服役。そして、2020年3月の仮釈放から1ヵ月後に、ウーバーイーツの配達員を始めている。

 まさに新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が発令されたタイミングで、フードデリバリーの仕事に励み始めた藤野被告。刑務所内で性犯罪者向けの再犯防止プログラムに参加していたというが、仮釈放からわずか半年後には、またしても盗撮行為を再開している。同時に、2020年10月から翌年1月にかけて、全く面識のない女子高校生3人に対して次々と犯行を重ねていったのだ。

コンテナから見つかった大量の“犯行道具”

 まず、Aさん(当時16歳)に対しては、彼女が住むマンション付近で背後から近寄って口を塞ぎ、スタンガンを放電して脅し、さらにナイフを突きつけて被告の陰茎を舐めさせるなどのわいせつ行為に及び、その様子を動画に撮影した。

 Bさん(当時17歳)もスタンガンで脅されたものの、悲鳴を上げたことに被告が驚き、逃走して未遂に終わっている。

 Cさん(当時16歳)が巻き込まれた事件では、Aさん同様に、被告が自宅マンションの通路で後ろから口を塞ぎ、ナイフを突きつけて駐車場へ移動した。ここでもスタンガンを脅しに用いたが、Cさんが抵抗したことからもみ合いになって逃走。このときCさんは全治10日間の怪我を負った。

 Cさんに対する事件を起こした5日後に、某所で「不審者が“空き家”の敷地に入っている」と目撃者が110番通報。警察が捜索したところ、敷地内にあったコンテナからは、ピンクの下着や浣腸、うがい薬やアルコールスプレーボトル、スタンガン、ナイフなどが発見された。藤野被告は仮釈放後、家族の住む実家で暮らしていたため、このコンテナに“犯行道具”を隠していたとみられる。

次ページ:女子高生への憧れと背徳感

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]