ENEOS会長、電撃辞任の理由は“凄絶”性加害だった 「胸を触り、キスを強要」被害女性は骨折 

国内 社会

  • ブックマーク

首を絞めるような格好でキスを強要

 今年8月、石油元売り最大手・ENEOSホールディングスの代表取締役会長を務めていた杉森務氏(66)が、突如辞任を表明。その理由として「一身上の都合」とだけしか説明がなかったことで業界関係者、投資家たちから困惑の声が上がったが、その背景には、杉森氏が今年7月に沖縄で女性に対して行った“凄絶な性加害”が隠されているというのだ。

 ***

 杉森氏は1979年、一橋大学卒業後に当時の日本石油に入社。99年に日本石油と三菱石油が統合された際は販売企画課長として、新ブランド「ENEOS」の誕生に尽力し、2017年に東燃ゼネラルと統合した翌年、グループのホールディングス社長に就任した人物である。

“事件”が起こったのは今年の7月1日の夜。杉森氏は、沖縄の得意先である石油販売会社の幹部らとともに、沖縄県那覇市の中心部にある歓楽街・松山の高級クラブに来店した。店のVIPルームである個室で飲み始めた杉森氏は、隣に座った初対面の30代女性ホステスを気に入った様子で、手を握ったりした後、大声を出して彼女を抱き寄せたという。

「持ち込みのワインを飲みだして気持ちが大きくなったのか、杉森さんは彼女のドレスの中に手を入れて、胸を触り始めた。それには飽き足らず、ついにキスを強要した。彼女の肩に手を回し、その腕で強引に首を絞めるような格好で唇を奪ったのです」(同店の内情を知る関係者)

 この間、女性は幾度も拒む仕草を見せたが「銀座では普通だよ、こんなの」などとしつこく言い募りながら別のホステスにも同様の行為を働いたという。

ドレスを強引に脱がし…

「こうした状況が2時間近くも続き、さすがに見かねた他のホステスが“会長、こっちで歌いましょう”とカラオケを勧めたりしたようですが、それでは満足できなかったのでしょう。杉森さんはセクハラを続けてきた彼女のドレスを強引に脱がし、上半身は何もつけていない状態に…」

 ドレスを剥ぎ取られた女性はその場に泣き崩れてしまい、店側はホステスを交代させる形で彼女を解放したという。しかし、彼女は体に異変を感じていた。

「帰宅した翌日、病院で検査を受けたところ、肋骨の骨折や、首がむち打ちのような状態となっていることが認められ、全治2週間との診断を受けたようです」(同)

 杉森氏が強い腕力で無理やり迫り、それを拒もうと何度も抵抗するうちに、骨折などのケガまで負ってしまったのだ。その後、被害女性はPTSDのような症状に悩まされ、仕事も満足にできない状態だという。

ENEOSに聞くと…

 一連の杉森氏の性加害を隠蔽(いんぺい)したのではないかとENEOSに見解を質すと、

「元会長による不適切な言動は当社にとって受け入れがたいものであるとして、元会長に速やかな辞任を求めるなどの対策を講じました。元会長も深い反省を示し、辞任届を出したことから受け入れることとしたものです。その一方で、当社は被害女性が当時のことを思い出すことに非常なストレスを感じておられる旨をお伺いしており、辞任理由における本件への言及も含めて、プライバシーに関わる恐れがある情報発信は厳に控えておりました」(ENEOSホールディングス広報部)

 当の杉森氏が住む都内の自宅を何度も訪ねたが、家人が「本人は不在です」と繰り返し、誠意ある対応はなかった。

 9月22日発売の「週刊新潮」では、凄絶な性加害の全容について詳報する。

「週刊新潮」2022年9月29日号

週刊新潮」2022年9月29日号(他の写真を見る

「週刊新潮」2022年9月29日号目次

週刊新潮」2022年9月29日号(他の写真を見る

週刊新潮 2022年9月29日号掲載

あなたの情報がスクープに!