衝撃!智弁和歌山「ドラフト有力候補」、プロを拒否して米国大留学へ…新たな潮流になるか

スポーツ 野球

  • ブックマーク

最速149キロを誇る大型右腕

 プロ野球のドラフト会議まであと約1ヵ月となり、各球団の動向が気になる時期となってきたが、ここへ来て気になるニュースが飛び込んできた。2年連続で夏の甲子園にも出場し、高校生の有力候補の1人と見られていた武元一輝(智弁和歌山)が米国の大学への留学を目指して、メジャーのスカウトが集うイベントに参加していたことが分かったのだ。【西尾典文/野球ライター】...

記事全文を読む