「熊谷6人殺害事件」から7年 妻子を喪った遺族が語る「生きる道を教えてほしい」

国内 社会

  • ブックマーク

 愛する家族の命を一瞬にして奪われた遺族。事件で妻子を喪った男性はこの7年を、癒えることのない痛みと、やり場のない怒りを抱えながら、必死の思いで生き抜いてきた。凶行に手を染めた犯人はもちろん、警察や司法とも戦い続ける遺族が心境を明かした。【水谷竹秀/ノンフィクション・ライター】

 ***...

記事全文を読む