「6人殺しても無期」判決の衝撃 百田尚樹が司法に対して発言してきたこと

国内 社会

  • ブックマーク

 12月5日、東京高裁が下した判決には大きな反発が寄せられた。埼玉県熊谷市の6人殺害事件(2015年)の被告に対して、一審(さいたま地裁)の死刑判決を破棄し、無期懲役を言い渡したのだ。刑が軽くなった理由は、被告の心神耗弱を考慮してのことだという。

 6人殺しても死刑にならない。

 心身に問題がある可能性があった場合には刑が軽くなる。

 いずれも一般庶民の感覚では理解しがたいとはいえ、判決を下した裁判長や法曹関係者にはそれなりに理解できる論理だということなのだろうか。...

記事全文を読む