依願退職の「警視庁マル暴刑事」 組織がひた隠しにする、もっと重要な捜査情報の漏洩問題

国内 社会

  • ブックマーク

警察内部のデータベースで

「スポーツジム仲間に暴力団関係者の情報を漏洩した」として、警視庁が王子警察署組織犯罪対策課所属の男性巡査部長A(39)に減給6カ月の懲戒処分を下したのは、去る9月2日のこと。Aは処分と同時に依願退職し、同庁は今後、地方公務員法違反容疑で書類送検することで幕引きを図っている。しかし、実はこの不祥事を巡って、警察組織がひた隠しにする不都合な事案が見え隠れしているのだという――。...

記事全文を読む