ペロシ訪台で浮び上る習近平のジレンマ 昔の方がアメリカに対し毅然とした態度を取っていた

国際

  • ブックマーク

 中国の習近平国家主席は、怒りというより頭を抱えているだろう。

 アメリカのペロシ下院議長が台湾を訪問し、中国は猛反発している。だがそこに、台湾に対しては厳しく出るが、当事者たるアメリカには強く出られないという習政権独特のジレンマが透けて見える。【武田一顕 ジャーナリスト/映画監督】...

記事全文を読む