白寿で旅立ち「瀬戸内寂聴さん」お別れの会、しめやかに

国内 社会

  • ブックマーク

100歳でアイドルに

 親交の深かった女優・南果歩さん(58)は、その訃報を海外で聞いたそうで、

「信じられませんでした。先生は絶対に死なないと思っていました。去年、99歳の誕生日にお電話で話し、『100歳でアイドルになれるのは先生だけ』というと、ケラケラ笑って、『そういうのは悪くないわね』とおっしゃっていた」

 と、寂聴さんとの最後の思い出を振り返った。

 11月公開の映画「あちらにいる鬼」で寂聴さんをモデルにした長内みはる役を演じた寺島しのぶさん(49)も会場を訪れ、

「コロナ禍で直接お目にかかることができませんでした。あくまでもモデルですが、寂聴さんのエッセンスが入った映画なので、リスペクトしながら撮影に臨みました」

 と、演じる際の覚悟を話した。