【櫻井よしこ氏特別寄稿】「人間じゃない、たたき斬ってやる」への気持ちを語った安倍総理

国内 政治

  • ブックマーク

Advertisement

特定秘密保護法や平和安全法制を次々に制定

 ジャーナリスト櫻井よしこ氏の本誌(「週刊新潮」)連載「日本ルネッサンス」の特別対談で、最も多くご登場いただいた政治家こそが、安倍元首相その人だった。志をひとつにしながら実は“緊張関係”にあったという二人。憂国の熱弁を揮った宰相の素顔を、櫻井さんの緊急寄稿で振り返る。

(この記事は、前・中・後編の【中編】です)

 ***

 第2次安倍政権では、国の守りを強化する特定秘密保護法や平和安全法制を次々に制定した。その都度、10ポイント以上も支持率を落としたが、安倍氏は戦い、全て成立させた。

 私が主宰する「言論テレビ」で、安倍氏がどんな思いで日々政治の場において日本を変えようとしているか、語ったことがある。当日は2015年9月11日、懸案の平和安全法制の審議は山場を迎えていた。民主党は国会での議論を拒否して、デモ隊と一緒に安倍首相批判の声を張り上げていた。

 デモの中で法政大学の山口二郎教授が、こう演説した。「安倍に言いたい。お前は人間じゃない。たたき斬ってやる」。またこうツイートした。「日本政治の目下の対立軸は、文明対野蛮、道理対無理、知性対反知性である。日本に生きる人間が人間であり続けたいならば、安保法制に反対しなければならない」と。

 蓮舫氏も福島瑞穂氏も同法案を「戦争法案」だと論難した。

安倍氏は説明を尽くしていた

 私がこの一連の批判について問うと、安倍氏はサラリと言った。

「知性対反知性と言われるのなら、『人間じゃない、たたき斬ってやる』というのは言わない方がいいと思います」「本当にこれが戦争法案なら私も反対します。アジア諸国も反対するはずです。そうではなくて、ほぼ全ての国々が賛成しています。戦争法案のはずがありません」

 そしてこう続けた。

「自民党は相手(民主党)を攻撃するよりも、平和安全法制案について、より時間をとって説明したいと思っているんです」

 当時の国会での発言録を読めば安倍氏は説明を尽くしている。しかし、野党の大部分は馬耳東風だった。安倍氏はこうしたことの一切を我慢し、支持率低下にも耐え、法案を成立させた。いま、わが国の安全保障に欠かせない日米同盟がかつてなく安定しているのは平和安全法制があってこそだ。

次ページ:頭脳明晰な人だった

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]