被害女性が語る「個人撮影AV」の闇 ギャラ50万円は支払われず、普通に会話できない撮影者が急増中

  • ブックマーク

 いま「個人撮影」と呼ばれるアダルト映像が注目を集めている。別名「同人AV」とも称され、個人やサークルが一般的な商業審査を経ずに制作・販売するのが特長だ。素人が撮影するそうした現場では様々なトラブルが起き、事件になることも。AV新法の成立によって活発化が懸念される同人AVの実情を『売る男、買う女』(新潮社)の著書があるノンフィクション作家の酒井あゆみ氏が取材した。

 ***

 SNSで「#即金」「#個人撮影」「#同人AV」といったタグを検索すると、何万件もの投稿がヒットする。中には「個撮キャスト」として、風俗店の在籍嬢紹介と見まがう写真が掲載されているものも。これは、同人AVの出演者の募集である。

 個人撮影(個撮)という言葉そのものは30年前ぐらいからあったように思う。だが当時は非常にマニアックな世界で、プロダクションに所属していない、もしくは引退したフリーのAV女優を相手に、誰かの紹介などでたどりついた、セミプロのようなマニアの男が撮影して楽しむ類のものだった。

 そんな当時と今との大きな違いは、撮影者がほとんど素人である点といえば、わかりやすいだろうか。一般的なAV作品は、審査団体の承認を得たうえで、流通・販売される。だが個人撮影のAVはそうした手続きを経ず、特定のサイト上でのみ、有料動画の形で販売されている。取り扱うサイトも老舗の「FC2」ほか、ひと昔より数十件は増えている。動画の値段はまちまちだが、20分の動画で1000円のものもあれば、1時間で2000円のものも。基本的にモザイク処理はない。

 観る側からすれば、商業作品にはない、“生々しさ”が魅力なのだろう。だが、業界の後ろ盾がないなかでの撮影には、当然、さまざまな問題が生じるリスクがある。

次ページ:契約書も交わしたのに

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]