大崎事件は95歳で「再審請求棄却」 立ちはだかる検察の「抗告」という壁【袴田事件と世界一の姉】

  • ブックマーク

 死刑の恐怖から来る拘禁症状の影響で、釈放後も「妄想世界」だけに生きているように見える袴田巖さん(86)。一緒に暮らす姉のひで子さん(89)とさえ普通の会話が成り立たなかったが、最近は改善しつつあるという。一方、ひで子さんが支援している鹿児島県の「大崎事件」で、殺人者の汚名をそそぐべく闘う原口アヤ子さん(95)の再審請求が棄却された。1966年6月、静岡県清水市(現・静岡市清水区)で起きた一家4人殺人放火事件で犯人とされ、死刑囚として半世紀近く囚われた巖さんの「世紀の冤罪」を問う連載「袴田事件と世界一の姉」の第19回。...

記事全文を読む