宝飾会社買い占めで「敏腕弁護士」「著名ブローカー」が激突 両者の言い分は

ビジネス

  • ブックマーク

 今年も株主総会の季節がやって来る。6月29日には上場企業の4分の1が総会を開く予定だが、株主と経営陣が激突することも増えてきた。宝飾品を手掛ける「ナガホリ」もそんな一社だ。同社は1962年の創業で、主に百貨店に出店することで事業を広げてきた。ちなみに、元会長の長堀守弘氏は明治大学の元理事長である。しかし、近年は業績が低迷し、株価も100円台を行ったり来たり。そのナガホリ株が急変するのは3月半ばのことだ。いきなり出来高が増え5月には1100円にタッチする。...

記事全文を読む