エイベックス松浦会長がYouTubeで「深田恭子」「北川景子」を中傷 聞くに堪えない暴言の中身とは

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 上場企業の代表取締役として、いや、人としてあるまじき発言であろう。エイベックスの松浦勝人会長(57)である。自身のYouTube番組で、女性タレント約20人の実名を挙げながら、蔑視発言を繰り返したのだ。「ブス」「(顔を)いじっている」「ババア」。エイベックスはSDGs(持続可能な開発目標)を掲げる東証一部上場企業である。トップの暴言をどう受け止めているのか。株主総会を24日に控える同社に見解を聞いてみたが……。

 ***

前日にはガーシーとコラボ

 松浦氏の暴言が飛び出したのは、6月19日のこと。YouTube番組の生配信中だった。

「チーッス。おはよ。今日は酔っ払っていません。昨日は飲んだけど、気絶したわぁ。チーッス、チーッス」

 自宅なのだろうか、上機嫌な様子でマイクの前に現れた松浦氏。まず、前日の生配信でお騒がせYouTuber・ガーシーとコラボした感想から語り出した。

「ガーシーはガーシーじゃん。別にやっぱりな、という感じ。なんか、違う部分が知れたみたいな。人間いいところも悪いところもあるじゃん……」

 松浦氏は毎日のように、こんな感じで生配信を行っている。歯に衣着せぬ語りが人気で、6月22日現在、登録者数は17万5000人を数える。この日も生配信が始まるや、チャット欄には待ち構えていたように夥しい数の視聴者のコメントが流れ出した。

次ページ:「ブス」「ババア」を連発

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]