「清原入閣」を熱望する中日・立浪監督 「ノリに問題があったわけはない」のに異例の「打撃コーチ」配置転換の背景にあるもの

スポーツ 野球

  • ブックマーク

アレルギーを抱く幹部

 もっとも中日の球団内部では、コンプライアンス面で清原氏に強いアレルギーを抱く幹部が数多いのも事実だ。

「春季キャンプで清原氏が視察に訪れた時も、最終的には『立浪監督がOKなら』と、表だって何か言ったりはしなかったが、難色を示し続けていた幹部クラスは1人や2人ではなかった。やはり中日は、いい意味でも悪い意味でも、かなり封建的な球団。有罪判決を受けた後、執行猶予期間が明けたとはいえ、スネにキズを持つ清原氏のコーチ就任となると、たとえ立浪監督の要請であったとしても、そう簡単にゴーサインを出さないのではないか」(スポーツ紙記者)

 果たして今オフ、まさかまさかの「中日・清原コーチ」誕生は実現するのだろうか。いずれにせよ、指導者としてユニホームを身にまとう清原氏の球界本格復帰を待ち望む人は、世の中にも少なくないようであるが。

デイリー新潮編集部

前へ 1 2 3 次へ

[3/3ページ]