海外で空前の「ヤクザブーム」 ドラマ「TOKYO VICE」が好評

エンタメ

  • ブックマーク

 WOWOWが放送するドラマ「TOKYO VICE」が評判だ。

 そのストーリーは、1990年代の東京を舞台に、日本の大手新聞社に入社したアメリカ人青年が、警察担当記者となってヤクザ組織を追及するというもの。

 主役のアメリカ人青年を演じるのは、スピルバーグ監督の「ウエスト・サイド・ストーリー」に主演したアンセル・エルゴート(28)。日本からも、刑事役として渡辺謙や伊藤英明などそうそうたる俳優が顔をそろえている。

 映画記者によれば、

「原作は元読売新聞記者のジェイク・エーデルスタイン氏による自伝本です。彼は記者時代に山口組系の後藤忠政組長のスキャンダルをつかんだものの、後藤組の怒りに触れ、身の危険を感じて読売新聞を退社。原作の中には、そんな記者時代の型破りなエピソードがたくさん紹介されているんです」

 日本ではあまり知られていないが、実はジェイク氏はアメリカでは有名人。

「この原作は25カ国で翻訳されるベストセラーになりましたし、彼はアメリカの有名なドキュメンタリー番組『60ミニッツ』にも取り上げられたことがある。今回、映像化が実現したのも根強い待望論があったからなんです」(同)

次ページ:原作には否定的な評価も

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]