「慰安婦は売春婦の一種」発言で刑事訴追された韓国人教授の告白 「本質は悲惨な貧困」

国際 韓国・北朝鮮

  • ブックマーク

「慰安婦生活者より一般売春店に従事した女性の方が多い」

 金柄憲の四つの基準のうち、第1の基準は最近入手した資料によってさらに裏付けられている。他でもない「国史編纂委員会韓国史データベース」が提供する資料だ。それは一枚の地図で、「連合軍翻訳通訳部報告書で言及された日本軍慰安所の位置」(掲載の図)と題されている。

 金柄憲の指摘のように、日本本土、朝鮮、台湾、満洲には軍慰安所が全く存在しないことが確認できる。慰安婦らの記憶と主張だけに依存して、軍慰安所の位置を把握したこれまでの地図とは全く異なる姿だ

 ちなみに、この「連合軍翻訳通訳部報告書」は、朝鮮人を含む日本人戦争捕虜に対する米軍の尋問報告書、及びこれを総合した研究報告書に基づいて作成された。

 この四つの基準に照らして金柄憲は、挺対協が発刊した『強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち』シリーズ6巻、そして『中国に連れて行かれた朝鮮人軍慰安婦たち』シリーズ2巻に登場する証言を交互に分析した。そこで彼は「相当数が上記の事項に該当する」と明らかにする。つまり「日本軍の管理・監督の下で日本軍慰安婦生活をした女性より、一般売春店に従事した女性の方が多い」と指摘したのだ。

 さらに金柄憲は、「日本軍によって『強制動員された場合』は存在せず、存在することもできない」と断言する。彼の緻密な分析の結論は、「女性家族部に登録されたいわゆる『日本軍慰安婦被害者』の240人のうち、『慰安婦被害者法』が定義している『日帝によって強制動員』された事例は一人もいない」という衝撃的宣言に終わる。

 この主張を裏付けるため、金柄憲が最も粘り強く分析した事例が、1993年に挺対協が出版した『強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち「証言集 I」』に登場する李容洙、及び金学順の事例である。次回はそれを詳しく見ていこう。(敬称略)

柳 錫春(リュ・ソクチュン)
元延世大学教授。1955年生まれ。延世大学卒。米国イリノイ大学で博士号。87年延世大学社会学科助教授、97年より同教授となり2020年に定年退職。

週刊新潮 2022年5月26日号掲載

特別読物「独占手記 史実を踏みにじる韓国に未来はない 講義の『慰安婦は売春婦の一種』発言で私は刑事訴追された」より

前へ 3 4 5 6 7 次へ

[7/7ページ]