「チコちゃん」パワハラ炎上 民放テレビマンが「マナー講師ではなくNHK」に違和感を覚えるワケ

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 FLASH(電子版)は5月22日、「岡村隆史も違和感『チコちゃん』炎上で噴出する“マナー講師への疑問”…『押しつけは不愉快』との声も」との記事を配信した。

 ***

 記事タイトルの「チコちゃん」はもちろん、人気番組「チコちゃんに叱られる!」(NHK総合・金・19:57)を指す。

 いかにもNHKらしい万人向きの演出は、「国民的人気番組」と形容されることも珍しくない。炎上とは無縁な印象だが、一体何があったのか。担当記者が言う。

「5月21日に放送された回で、『フォークの歯が4本なのは、スパゲティを上手に食べるため』というテーマが取り上げられました。番組によると、18世紀のフォークは3本歯だったそうです。なぜもう1本増えたのか、という説明で、イタリアにあった両シチリア王国のフェルディナンド1世(1751~1825)が紹介されました」

 当時、スパゲティは庶民の食べ物で、手づかみで食べていた。味を気に入ったフェルディナンド1世は宮廷で供するよう指示を出したが、ここで思わぬ“横槍”が入る。

「妃が『手づかみは下品』と反対したのだそうです。そのためフォークで食べることが決まりますが、3本歯では巻き取りにくかったのです」(同・担当記者)

 フェルディナンド1世が改良を命じ、4本歯にすると上品に食べることができた。爾来、フォークの4本歯が定着した──。

脅えた女性スタッフ

「これだけで終われば、NHKらしい教養番組の側面もあり、面白かったと多くの視聴者が好感を持ったのではないでしょうか。少なくとも炎上などするはずもなかったでしょう。ところが番組は続き、『本当に4本歯のフォークでなければ、スパゲティは上品に食べられないのか』と検証を開始したのです」(同・担当記者)

 ここで登場したのが、マナー講師の女性。映し出された字幕には「鬼のマナー講師」と記載されていた。

「2本から5本までのフォークが用意され、どの食べ方が最も上品か、実験することになりました。挑戦するのは番組の女性スタッフ。ところが、スタッフが登場すると、講師は早々に彼女の“仏頂面”を問題視しました」(同・担当記者)

 そして、挨拶をする際は相手の目を見るべきと助言。ところが女性スタッフは萎縮したのか、思わず頭を下げて「はい」と返事をしてしまう。

 目線は床を向いてしまったことから、女性講師は「下を見るなと言うてるやろ!」と叱責した。この場面がSNSなどで問題視されたのだ。

次ページ:SNSは炎上

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]