自らバリカンで頭を丸めた巨人の4番も…「強制送還」を食らった選手、その後どうなった

スポーツ 野球

  • ブックマーク

「神宮で投げさせるわけにいかないしな」

 5月4日のDeNA戦で、敗戦につながる拙守を犯した中日・京田陽太が試合中にもかかわらず、立浪和義監督から2軍落ちを命じられ、遠征先の横浜から名古屋に強制送還された。選手会長の“懲罰降格”は大きな話題になったが、過去にはどんな選手が強制送還され、その後どうなったのだろうか。【久保田龍雄/ライター】...

記事全文を読む