日本共産党の“裏歴史” 戦後結集した「朝鮮人組織」と共産主義者

国内 政治

  • ブックマーク

 戦後の混乱の中、「朝鮮解放」「民族独立」などを掲げて続々と朝鮮人組織が誕生するが、ほどなくそれらを糾合しようという動きが起こった。そして日本政府に協力していた団体から共産主義者までが一堂に会することになる。その時すでに「陰謀」は始まっていた。

 ***

「政治犯釈放運動」を始めた金斗鎔ら共産主義者たちと同様に、玉音放送にいち早く反応したのは、戦前から日本政府に協力してきた親日朝鮮人団体の指導者たちであった。彼らはラジオで裕仁天皇の言葉を耳にすると、その3日後には「在留朝鮮人対策委員会」を結成した。

 政府は35年にわたって朝鮮民族に皇民化教育をし、「内鮮融和」「内鮮一体」を目指して、相愛会や協和会(のち興生会)といった朝鮮人親睦団体を支援してきた。こうした愛国的性格を持つ団体の長たちは、日本敗戦の声を聞くや同胞が故郷の土を踏もうと怒濤のように帰還していく姿に、自身の組織が求心力を失うことを恐れ、即座に対応を図ったのである。

朝鮮人ブローカーが暗躍

 すでに8月初旬から、本土決戦に備える日本人を横目に見ながら、200万人を超える在留朝鮮人は、労務動員者を筆頭に、空襲を逃れ朝鮮に疎開しようと、博多、仙崎などの港に殺到し始め、帰還を急いでいた。終戦前の下関では5千人が渡航する船を待っていた。

 終戦後は日本国政府もGHQも「秩序立った帰還」への組織的対応を求めた。政府は「応徴士」を優先した人員輸送を実施するため、中央興生会に引揚業務を委託したものの、現場の統制は利かなかった。大戦で大型の輸送船を数多く失い、「遠洋航路向けの船は二、三隻しかなく」(「読売報知」1945年9月7日)、1日に輸送できる人数は限られていた。このため朝鮮人ブローカーが暗躍し、半島から日本人を乗せてきた中古の闇船に朝鮮人が乗り込み、危険を顧みず次々と波高い海峡を渡っていった。

次ページ:日本人との摩擦を解消する人物

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/6ページ]