世界の長者番付で3位に…バブルの不動産王・小林茂の素顔 30代で「秀和レジデンス」を生んだ背景とは

国内 社会

  • ブックマーク

最初の事業はバー経営

 青い瓦屋根と白いモルタル塗りの壁でおなじみのレトロマンション「秀和レジデンス」。その魅力を徹底的に特集した「秀和レジデンス図鑑」(トゥーヴァージンズ刊)が今年2月に発売されるなど、熱狂的なファンも多い秀和だが、創業者である小林茂は1988年には世界の長者番付で3位にもなったバブル富豪だった。「昭和の不動産王」と呼ばれた小林の素顔とは――。ノンフィクション作家の中原一歩が迫った(『秀和レジデンス図鑑』より)。

 ***...

記事全文を読む