白旗状態の検察が不自然な「味噌漬け実験」を行った“本当の狙い”【袴田事件と世界一の姉】

  • ブックマーク

 袴田巖さんが48年ぶりに自由の身になった釈放から、3月27日で8年になる。再審可否を決める三者協議の進捗は、検察の抵抗でもどかしいが、「1年間も味噌に漬かっていた衣服の血痕に赤みが残るのか」について鑑定した専門家の証人尋問が決まるなど、着実に再審開始へ向けて進んでいる。この3月は別の著名な殺人冤罪事件をめぐっても動きがあった。「袴田事件と世界一の姉」第12回目。(粟野仁雄/ジャーナリスト)...

記事全文を読む