「プーチン大統領」の長女が極秘来日 帰国直前に撮影されたお宝写真

国際

  • ブックマーク

 ハイヤーから降り立ち、成田空港のターミナルへ歩を進めるその女性の面立ちは、強面で鳴る父親のDNAを存分に漂わせる。

 プーチン露大統領の長女、マリアさん(32)である。

 4月4日にお忍びで来日し、この日、16日に成田を発った。北朝鮮を巡る国際情勢が急展開し、対シリア空爆で米露関係が険悪化している折も折だが、彼女は外交密使でも何でもない。滞在中はディズニーランドに足を運び、鬼怒川温泉で休息し、歌舞伎町の「ロボットレストラン」を訪れて、機械じかけのマネキンが披露する、派手なことで有名なショーを楽しんだ。お台場や渋谷、表参道の散策もした。宿泊先はほぼ連日、丸の内の高級ホテル。完全に「ただの」外国人観光客である。

 が、そこはそれ、超大国に君臨する皇帝のご息女だ。夫と子ども2人の家族4人で来たのだが、お供の者は10名以上。写真右手には赤子をあやすベビーシッターの姿も見え、移動の際は屈強な男たちが常に周りをガッチリ固める。よもや暴漢や誘拐犯に遭遇してはならないからだ。

次ページ:お忍びで来日した「プーチン大統領」の長女

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]