ドイツがメルケル首相だったらプーチンのウクライナ侵攻は防げた

国際

  • ブックマーク

 ロシアによるウクライナ侵攻が続いている。既存の国際秩序を破壊したロシアを懲らしめるため、バイデン米大統領は厳しい制裁を科しているが、これにより西側諸国も経済的な打撃を受けるのは必至な情勢だ。...

記事全文を読む