藤井聡太が早くも五冠達成 渡辺明三冠を苦しめた“チェンジアップ”とは

国内 社会

  • ブックマーク

 将棋の藤井聡太四冠(19)が渡辺明三冠(37)に挑んだ王将戦七番勝負の第4局が2月11、12日に立川市のSOPRANO HOTELで開かれ、藤井が114手で勝ち。4-0のストレートで五冠を達成した。19歳6か月の達成はもちろん最年少記録。羽生善治(51)の22歳10か月を大きく上回る。五冠達成者は過去、三人しかいない。達成の年少記録は藤井、羽生に続く3位が中原誠十六世名人(74)の30歳5か月、4位が大山康晴十五世名人の39歳10か月である。王将位の初奪取としても本局の立会人中村修九段(59)の最年少記録を抜いた。...

記事全文を読む